熊谷真喜弁護士と税理士へ相談でもっと得をする|法と税の相談所

裁判で登場する道具

相談をプロに依頼

解散登記のサポートを行なってくれるのがこちらです。利用料金もリーズナブルな価格で提供しているため、手頃に利用ができます。

データをしっかり管理するためにIoTを活用してみませんか。スタイルに合わせて機能を導入することもできます。

裁判

会社を立ち上げるとなると、どうしても法律や税金のことについて素早い対応が必要になってきます。法人税を払ったり、所得税を申告したりといった税金に関わることもそうですし、株式売却やM&Aなど社内や社外をも巻き込んだ取り組みが必要になるので、これには法律も関係してきます。熊谷真喜は様々な企業の社外取締役を務める弁護士でもありますが、社内法規や友好的あるいは敵対的M&Aの処理について手腕を発揮しています。社内での役員人事の取り決めなどに熊谷真喜の相談が役に立っています。なぜこういった弁護士をつける必要があるのかというと、企業の中ではどうしても法律に詳しい人が常にいるというわけでないからです。それぞれの人は自分のもっている分野に対して特化した技術やノウハウをもちますが、法律のことは素人ということも珍しくありません。そんなとき顧問で弁護士がいれば、規定や社外とのやりとりについて心強い味方になってくれるのです。

顧問の弁護士や税理士を設定すれば、事前の行動ができます。例えば個人では確定申告があり、法人では法人税や消費税を申告する必要がありますが、準備していれば期限までに慌てず申告ができます。個人では相続が大きなお金と税が動く時ですが、資産をもっている人は事前に税務相談や税務申告について調べておくことが必要です。相続税対策などの節税対策を税理士に相談して行っていれば、莫大な税金を支払わずに済むのです。その他にも顧問税理士に相談すれば、役員報酬の節税対策もできます。

離れた場所で会議したいならTV会議のシステムを導入しませんか?こちらが提供しているシステムが快適に利用出来るのでおすすめです。

煩わしい作業が数多くある法律事務所はシステムを効率化させることで、より業務効率を向上させます。案件管理をスムーズにしたいならこちら!

早めに相談

女性

税金は申告期間もありますので期限間近になって慌てないようにするには事前の税務相談が必要になります。節税に対しても知りたいのであれば、頼りになる顧問税理士をつけるべきです。

» 詳細を読む

顧問でつけて頼る

顧問の男性例

税理士は税の申告の時にだけ頼むこともできますが、顧問税理士をつけて役員報酬のシュミレーションや節税について対策をすることもできます。会社にかかる税のあらゆることについて頼れます。

» 詳細を読む

代理で申請してもらう

女性

税金がかかる時には煩雑な資料や申請書にサインし、処理しなければなりません。しかし、資料や申請書の処理が大変であると感じるのであれば、税務申告は代理で税理士に行ってもらうことも可能です。

» 詳細を読む